よくある質問

下記のリンク先のページにテンプレートの使い方を掲載しています。

バージョン1のマニュアルはこちら

( E001 wordpress版 ・ E001 HTML版 ・ E002 ランキングタイプ ・ E002  ブログタイプ ・ 全国マップタイプ )

バージョン2のマニュアルはこちら

( E003 ・ E004 )

よくある質問

見たい質問のタイトルをクリックしてください。

このサイトにログインしたいのだが、IDとパスワードが届きません(わからない)

「エッジプラス1テンプレートを購入したのですが、このサイトにログインするIDとパスワードがわかりません」
「購入したときの購入者IDを入力したが、このサイトにログインできない」
というお客様がいらっしゃいます。

当サイトにログインするには新規ユーザー登録が必要です。
購入時にダウンロードしていただいた圧縮ファイルの中に
「【必ずご覧下さい】最新版特典入手とサポートフォーラムへの参加について」というPDFファイルがあります。
その中に新規ユーザー登録ページのURLやフォーラム参加についての説明がありますので、
ご覧になっていただけると幸いです。

※一時期PDFファイルを入れ忘れてしまった時期があります。申し訳ありませんでした。
その場合はご連絡頂ければPDFをお送りいたします。
(※ご連絡してくださる際には購入者IDとお名前を記載してメールを送ってください)

もしくはもう一度圧縮ファイルをダウンロードしていただければPDFが入っていると思います。

テーマがインストールできない。「パッケージをインストールできませんでした。」

wordpress管理画面内でテーマをインストールしようとした時に、
以下のメッセージが出るという方はお読みください。

——————————————————————————

パッケージをインストールできませんでした。 テーマに style.css スタイルシートにありません。
テーマのインストールに失敗しました。

——————————————————————————

上記のメッセージが出てインストールできないという方は、
購入していただいたzipファイルを解凍して、解凍後にできたフォルダの中をご確認ください。

エッジプラス1は数種類のテーマやテンプレートがあります。
それらのテーマなどを圧縮して1つのファイルにまとめているので、それを解凍しないと使用できません。

解凍後のフォルダの中にそれぞれのテーマ名・テンプレート名が書かれたフォルダが入っています。
またそのフォルダの中を見てみると、wordpressのテーマの場合はテーマ名がついたフォルダとテーマ名がついたzipファイルが入っていると思います。

FTPソフトなどでサーバーにご自身でアップロードする場合はフォルダを、
「http://サイトアドレス/wp-content/themes/」の中にアップロードしてください。

wordpress管理画面からインストールする場合はzipファイルを使ってインストールしてください。

テンプレートをカスタマイズしたい。

テンプレートを個人的にカスタマイズするのはOKです。

カスタマイズするには、弊社テンプレートはレスポンシブになっておりますので、
スマホ・タブレット・パソコン表示時のレイアウトのCSSの変更などが必要になります。

それぞれのコンテンツレイアウトには、すべてスマホ・タブレット・パソコン表示時のCSSが設定されています。
一部を変更しただけでは、レイアウトがうまく変更されない時もありますし、
きちんとスマホ・タブレット・パソコン表示時のCSSを調整しないと、レイアウトが崩れる時もあります。

例えば、
「スマホ表示用時のCSSに他のCSSを追加したら、パソコン表示の時にレイアウトがくずれる」
「一部CSSを変更したが、タブレット表示の時にそれが適応されない」
など。

レイアウトの変更などはレスポンシブやCSSの知識が必要になってきます。
お客様が個人的にレイアウト変更などのカスタマイズをする場合、
ある程度のアドバイスはできますが、大幅なレイアウト変更などのときはマンツーマン指導はできません。

それと、弊社の技術やアイディアに関係するカスタマイズ方法やコードの記述箇所に関しては
お応えできない部分もあります。

あらかじめご了承ください。

レイアウトなどをカスタマイズしてもらえますか?

お客様が個人的にカスタマイズを行うのは自由ですが、
「レイアウトを変えてほしい」「色を自分の好きな色にしてほしい」
「コンテンツを追加してほしい」「テンプレートファイルを作ってほしい」
などの個人的な要望にはお応えできません。

カスタマイズのちょっとしたアドバイスはできますが、
すべてコチラでCSSを整えたり、レイアウトの組みなおし、ファイルの作成などはできませんのでご了承ください。

小技集などで紹介されているおすすめオンラインツールやプラグインが機能しない

当サイトでは、オススメのオンラインサービスやツール、プラグインの紹介をさせていただいています。
ヘッダーやバナーをオンライン上で作成できるサービス(サイト)の紹介や、
使いやすいおすすめのプラグインなどを紹介させていただいていますが、
あくまでも、「おすすめしたいツール」「使いやすい機能」として紹介させていただいています。

たまに、「小技集で紹介されている○○を使ったが、△△の作成ができない。どうにかしてほしい。」
といった質問や相談を受けることがあります。

ですが、紹介させていただいるオンラインサービスやツールは弊社が運営しているわけではありません。
その機能なども弊社が作っているわけではありません。

「うまく機能しない。どうすればいいか。」などの疑問・質問はサービスを提供しているサイト(会社)にお問い合わせください。
弊社が運営しているものでなければ、そのサービスやツールの中身(機能)をすべて把握することはできませんので、
明確な対処法などは弊社にはわかりません。

わからない事がありましたら、そのサービスを提供している会社様にお問い合わせいただくか、
そのサービスではなく別のサービスやツールなどをお使いになってください。

以前から運営していたサイトのテーマを変更した→うまくサイトが動作しない

新規で作り始めたwordpressサイトに、
使用したいテンプレート(テーマ)を適用する場合はあまり問題ないのですが、
以前から運営していたwordpressサイトのテンプレートを別のものに切り替えた場合に、
たまに不具合が起こるときがあります。

wordpressは、wordpress本体をサーバーにアップしてインストールした後、
テンプレートを適用するとそのテンプレートの設定がデータベースに書き込まれます。
別のテンプレートに変更した場合でも、
前のテンプレートの設定情報が残ってる場合があります。
以前使っていたテンプレートの設定情報が、
新たに導入したテンプレートに影響を与える事があります。

ほとんどの場合は影響がでないのですが、
以前のテンプレートの設定内容によっては影響がでる場合がありますので、
なるべくなら途中でテンプレートを切り替えないほうがいいかもしれません。

もし、テンプレートを切り替えたい場合は、
ローカルサーバーやテストサーバーで動作を確認してから、
新しいテンプレートを導入するのがベストです。

「前のテンプレートの設定情報が残っている。削除できていない。
でも新しいテンプレートに切り替えたいが前の設定情報が新しいテンプレートに影響がでるようだ」

というときに、どうしてもテンプレートを切り替えたい場合は、
データベースに入って影響を与える設定情報を手動で削除するしかありません。

テンプレートやプラグインの設定情報は、
データベースの「wp_options」というところに書き込まれています。
(※ サーバーによっては、_(アンダーバー)の部分が数字の文字列になってるサーバーもあります)

ですが、データベースは複雑でややこしいので、知識がない方が入っていじるのはおすすめできません。
データベースについては、サイト作成などにある程度詳しい人でもいじるのが怖いくらいです。。

弊社はデータベースのサポートはできませんのでご了承ください。。

気に入ったプラグインを導入したがうまく動作しない(不具合編)

wordpressのプラグインは有料・無料を含め、かなりの数のプラグインが作られています。
有名なものとそうでないものなどありますし、いろんなジャンルのプラグインが存在します。

ですが、プラグインは必ずどんなものでも正常に動作するわけではありません。
弊社テンプレートに必須のプラグインや推奨しているプラグインは動作確認をしておりますが、
その他のプラグインに関しては動作確認はしておりません。
数百、数千種類あるであろうすべてのプラグインに対して動作確認はできません。

プラグインによっては、もともとバグがあって不評になっているものなどもあります。
バグなどがなくてもテーマ(テンプレート)との相性が悪いものもあります。
「このテーマではちゃんと動作するのに、あのテーマだと不具合が出る」などは良くある事です。

またアップデートがずっと行われておらず、新しいバージョンのwordpressに対応できていないものや、
今まできちんと動作していたのにアップデート後に不具合が出るようになった、などなど
いろいろなプラグインがあります。

プラグインを導入するときには評価の高い、知名度のあるプラグインを導入するのがベストです。
※ 評価が高いものでも相性が悪いとうまく動作しないこともあります。

バグのあるプラグインや相性の悪いプラグインですと、プラグイン自体がうまく動作しないだけでなく、
テーマ内のデフォルトのスクリプトやサイトの表示、データベースなどにも影響を与える場合があります。

弊社テンプレートもすべてのプラグインには対応できませんので、
不具合がでるプラグインや相性の悪いプラグインはご使用をやめ、別の似たプラグインをお探しください。

プラグインをインストールしたのにプラグインが動かない(設定編)

プラグインは、インストール後に有効化すればすぐ動作するものと、
インストール&有効化後に何かしらの設定を行わないときちんと動かないものがあります。

よく、「プラグインを入れて有効化したのですが、反映されません。不具合ですか?」と質問される事があるのですが、
設定が必要なプラグインですと、インストール後に有効化しただけでは動きません。

プラグインの情報はプラグイン名で検索するとネット上に掲載されていることが多いので、
自分の入れた(入れたい)プラグインの使い方をしっかり調べて導入してください。

導入後、テンプレート(テーマ)との相性が悪い時は、
別のプラグインをお探しになることをおすすめします。

プラグインをアンインストールしたが、うまくアンインストールできない

wordpressのプラグインは数多くリリースされていますが、
「うまく動かない・・・」「不具合が起きるようになった・・・」といった事は、
どんなテーマにも良くあることです。

そんな時にプラグインのアンインストールを行いますが、
アンインストールしてもうまくプラグインデータが削除できない事があります。

ほとんどの場合は、プラグインの「停止」→「削除」で
プラグインのアンインストールが出来、プラグインのよる不具合も解消されます。

ですが、アンインストールを行っても、
データベースに書き込まれたプラグインの設定情報が消えないことがあります。
この場合はプラグインの不具合かレンタルサーバーとプラグインの相性が原因です。

※ 大抵の場合は、プラグインのアンインストールを行えば設定が削除されます。
もしくは、設定情報が残っていてもサイトに悪影響がない場合も多い(この場合は問題ない)

「確実にプラグインのせいで悪影響がでてるのに、うまくアンインストールできない!」
といった時には、データベースの中の設定情報を手動で削除するしかありません。

プラグインの設定情報は、データベースの「wp_options」というところに書き込まれています。
(※ サーバーによっては、_(アンダーバー)の部分が数字の文字列になってるサーバーもあります)

ですが、データベースはかなり複雑です。
ややこしいので、知識がない方が入っていじるのはおすすめできません。
レンタルサーバー側もデータベースのサポートは行っていないところがほとんどではないでしょうか?

弊社でもデータベースのサポートはできませんのでご了承ください。。

こういった場合は、
● プラグイン制作者に問い合わせてみる
● ダメもとでレンタルサーバーにサポートをお願いする
● データベースに詳しい人に協力してもらう

といった感じになります。

アクセス解析のタグはどこに入れればいいですか?

アクセス解析サービスは弊社が運営しているわけではありません。
サービスを運営している会社の指定にしたがって導入してください。

アクセス解析のサービス会社によってコードを入れる場所の指定に違いがあります。

ですがほとんどの場合、<body>の直下、もしくは</body>(bodyタグの閉め)の上という指定が書かれてると思います。
アクセス解析によって指定されることが若干違ってきますので、
導入するアクセス解析のサイトの説明通りにタグの挿入を行ってください。

wordpressのテンプレートに入れたい場合は、
<body>は「header.php」に、</body>は「footer.php」にあります。

アクセス解析を提供しているサイトによっては、
きちんとアクセス解析が動作しているかチェックできる機能もありますので、
そういったもので確認してください。

また、wordpressプラグインのアクセス解析であれば、
手動でタグの挿入などは必要ないものがほとんどです。
たくさんのプラグインがありますので、口コミなどをみて調べると良いと思います。

スクリプトやプラグインを導入したら表示や動作がおかしくなった。

テンプレートにデフォルトで入っているスクリプト以外のスクリプトや
必須プラグイン&推奨プラグイン以外のプラグインを導入した時、
「表示や動作がおかしくなった」という場合はプログラム同士が競合している場合がほとんどです。

「アクセス解析サービスを導入したら表示がくずれる」
「Wordpressにプラグインをインストールしたら動きがおかしい」

などなど。

もしうまく動かないのでしたら、使用をおやめくださいとしか言えません。
弊社テンプレートでサイトを構築する際に
必須のプラグインやおすすめプラグインを掲載させていただいていますが、
それらのプラグインに関しましては、もちろん動作確認をしております。

ですが、数多くのすべてのプラグインに対して動作確認はできません。
他社様のアクセス解析などもすべて動作確認はできません。

プラグインによっては、
「他のテンプレートでは動作するが、このテンプレートでは相性が悪い」
「プラグイン自体にバグがあって動かない」
「今まで動いていたのにアップデート後に動かなくなった」など様々です。

アクセス解析などのスクリプトも、
「他のサイト(テンプレート)ならきちんと動くがこのサイトだと表示がおかしくなる」
など出る場合があります。

弊社が作っているプラグインやツールでしたら、それ自体の修正や改良もできますが、
弊社が提供しているプラグインやツールでなければそれはできません。

不具合が出る場合はそのスクリプトやプラグインの使用をやめ、
似たようなサービスやプラグインをお探しください。

■ 今のところ、弊社テンプレートとの相性が悪い事がわかっているサービスやツールは以下です。
種類 サービス名
アクセス解析 Group-Analyzer

記事を書いたのに個別ページが404 Not Foundになってしまう。

記事があるのに個別ページが404 Not Foundになってしまう時は、
パーマリンクの空更新を行ってみてください。

管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」で何も変更せず「変更を保存」ボタンを押す。
もしくは、別の設定にチェックを入れて「変更を保存」ボタンを押した後、
また同じ設定に戻して「変更を保存」ボタンを押す。

上記の方法で解決することが多いです。

各ページが404になってしまう原因で多いのが、

・別のテンプレートから違うテンプレートにした時
・同じテンプレートを使っているが、そのテンプレートをアップデートした時

に多い現象です。
Wordpress本体の問題なのか、データベースの問題なのかわかりませんが、
どんなテーマ(テンプレート)でも、昔からたまに出る現象です。

記事を書いて公開ボタンを押すと403エラーがでる(ロリポップサーバー)

ロリポップをお使いの方で、
「テンプレートを適用して、記事を書いてから公開ボタンをクリックすると403エラーがでる」
という方がいらっしゃいます。

これはロリポップ側のハッキング対策「WAF」という機能が原因で403が出るようです。
弊社テンプレートでも他社様のテンプレートでもこの現象がでます。

WAFは不正アクセスを防ぐことを目的としてロリポップが入れている機能のようですが、
うまく機能していればいいのですが、エラーを起すので不評のようですね。

ロリポップを使っていて403が出てお困りの方は、
WAFを無効にできるので、ロリポップ管理画面で設定を変更してみてください。

下記ロリポップのWAF解除方法説明ページです。
http://lolipop.jp/manual/user/waf-set/

設定変更後、無効になるまで(反映するまで)、5~10分くらいかかるそうです。

ランキング1位以降の順番がバラバラに並んでしまう or 同じアイコンが並ぶ

必須プラグインの「Intuitive Custom Post Order」が入っていない
もしくは、ちゃんと設定を行っていないときにそのような表示になります。

「Intuitive Custom Post Order」をインストール&有効化を行ってください。
このプラグインは「有効化」を行っても、それだけではちゃんと動作しません。
設定をおこなっていないようでしたら、「並び替え設定」を行ってください。

管理画面の「設定」→「並び替え設定」で並び替えを行いたい項目にチェックを入れるだけです。

ランキングがドラック&ドロップで順位変更できない。

「ドラック&ドロップができない」「カーソルも十字マークにならない」などといったときは、
必須プラグインの「Intuitive Custom Post Order」が入っていない、
もしくは、ちゃんと設定を行っていないときにそのような状態になります。

「Intuitive Custom Post Order」をインストール&有効化を行ってください。
このプラグインは「有効化」を行っても、それだけではちゃんと動作しません。
設定をおこなっていないようでしたら、「並び替え設定」を行ってください。

管理画面の「設定」→「並び替え設定」で並び替えを行いたい項目にチェックを入れるだけです。

WordPressサイトの表示や動きがおかしい。何が原因なのかわからない。

テンプレートを適用した後にサイトの表示や動きがおかしいといったときは、
様々な原因が考えられます。

こちらとしては、「サイトの中を見られない」「作成工程で何を行ったか把握できない」などですと、
何が原因かわからない時もあります。

そんな時は一度ご自身で検証を行っていただければと思います。
下記のページの方法なら、「また別のサーバーで構築 → 検証」などといった手間を省くことができるので、
簡単に検証を行うことができます。

ローカルサーバーを簡単に構築してwordpressサイトの動作をチェック!

 

検証を行うときは、

● ダウンロードしたままのテンプレートファイル(カスタマイズなし)を使う。
● 弊社で推奨しているプラグイン以外は入れない。
● アクセス解析などの他のスクリプトのコードなどは記述しない。

上記の方法で検証を行ってください。